りなさんへ|人間は失敗してこそ一人前になれる。

今回、りなさんからコメントいただきました。
ありがとうございます。
コメントの返信が長くなってしまったので、こちらにて書かせていただくことにしました。

頂いたコメントの内容はこちら

初めまして。私は現在20代後半の事務職員です。
事務の仕事は、前の仕事からの転職の際にご縁があり、現在産休中の事務員さんの代替職員として勤務をすることになり、数年が経ちました。
しかし最近はがむしゃらに働いていた1年目よりも周りが見えるようになったのですが、段々と1人職の重圧に耐えきれなく、自分自身が潰されそうになっています。

「これで良いのだろうか?間違っていないだろうか?」
「完璧に事務作業を行わなければ、先生方に多大な迷惑をかける」
「事務職員は自分だけ、失敗はご法度」
「先生方の方がもっと大変、辛いのだから…」

など、能力もないのに完璧な仕事を求めて自分を追い込む事が多くなりました。
学校には私1人しか事務職員がいない上、元々「人に頼ること」に苦手意識がある性格も災いして、失敗への恐怖で動けなくなる事も増えてきてしまい、段々と仕事のしわ寄せがきています…。

ペコ様はどのように少人数職の重圧を乗り越えてこられたのでしょうか?
ぜひアドバイスとしていただけると嬉しいです。

頂いたコメント先はこちら

コメントの返信はこちら

私のブログをお読み頂きありがとうございます。
ご自分を追い詰めるくらい悩んでいらっしゃる、りなさんの手助けになれるかわかりませんが、私なりに感じた事をお話してみたいと思います。

どんなお仕事でも完璧にできる人はいません

私も人一倍責任感が強いほうだと思っていましたが、りなさんは責任感どころか完璧を求めて、ご自分を追い詰めているというのでとても心配になりました。
「能力もないのに」と書かれていますが、どんなお仕事でも完璧にできる人はいません。
いろんな失敗をしながら一つ一つ覚えていき、それでもどんなベテランになっても失敗することはあります。

でも、私が「完璧な人間なんていないですよ」と言っても、りなさんには通用しないかもしれませんね。
りなさんもそんな事は百も承知の上で、完璧な仕事を求めてご自分を追い込んでいらっしゃるのですから。
やはり性格は、持って生まれたものですからなかなか直せるものではありません。

その点、私はのんびり屋でずっと気にしているタイプではないので、仕事の事で自分を苦しめるような事は殆どありませんでした。(職場内のイジメに関してはまた別で相当苦しみましたが)

仕事でミスをしても確かにその時は落ち込む事もありましたが、ずっと尾を引くようなことはありませんでした。

人間は失敗してこそ一人前になれる

りなさんの完璧主義の性格が災いしているのだと思いますが、何度もしつこいようですが失敗をしない人なんていないのです。
失敗したらその間違いを訂正すればいいのですからそんなに怖がらないでください。

大げさに言えば人間は失敗してこそ一人前になれる、そのたびに少しづつ成長するものだと思います。
失敗を怖がっていたら生きていけません。人生は失敗の繰り返しと言っても過言ではないと思います。
その失敗を怖がって何も出来ないでいるとストレスも溜まり体調も崩します。

真剣に仕事に取り組んでいれば失敗しても誰も文句なんて言いません。
「先生方に迷惑をかけてしまう」なんて考えてはいけません。
先生方だって失敗することはあるのですから。

もし、りなさんが間違えても迷惑をかけられたなんてそんな事誰も思いません。
完全な、りなさんの思い込み「ひとりよがり」というものです。

ストレスを発散

事務職員は一人で頼る人もなく孤独なところもありますが、その反面気楽でもあります。
代替職員さんとして数年勤務なさっていらっしゃるということですが、同じ事務職員さんのお仲間で少しでもお話できそうな方はいらっしゃらないでしょうか。

私の場合、事務仲間とオシャベリして精神的にだいぶラクになりストレス発散もできてたと思っています。
そのオシャベリの中には必ず仕事の話、グチの言い合いで自分自身の慰め、励ましにもなっていました。

このままでは、りなさんが退職に追い込まれてしまうかもしれません。
もし、同じ事務職員さんのお友達がいらっしゃらなければ同級生のお友達でも誰でもいいですから、オシャベリしたり(何でも話せる友達がいいですね)、一緒にショッピングしたり近くでいいのでドライブしたり、カラオケもストレス発散にとてもいいですし、学校の外に目を向けて楽しみを作ってみてください。

仕事に間違いは付き物

私の周りの事務職員の人達もたくさんの間違えをしてきました。
もちろん私も何度となく間違えてきました。
決してりなさんを慰めるために言ってるのではなく「仕事に間違いは付き物」です。
完璧なんてありえません。

現在の状態が続くと、りなさんは体調を崩してしまいますから、まずはこの窮地を抜け出さないといけません。
私が実際にお会いしてお話できればいいのですが、私なりに書かせて頂いたこのお返事だけではまだ物足りないと思いますので、一番のオススメはやはり同じ事務職員の方で、今のりなさんの思いをお話できる人に聞いて頂く
事を望みます。

もし、事務職員のお仲間にはいらっしゃらない時は同じ学校内の先生でもいいと思います。
先生でも中には気の合う人がいるものです。
お母さんぐらいな年齢の先輩の先生もいいものですよ。

とにかく一人で悩んでいるのはよくありません。

「頑張れ!! りなさん!!」

陰ながら応援させて頂きます。

経験年数が長いというだけの私に相談して頂きとても嬉しく思います。
ありがとうございます。
もしまた何かありましたらお話聞かせてください。
今後ともよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク