学校事務職 事務費と備品費 どんなものが当てはまる?PTA会計項目

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、「PTA会計」の項目別についてお話させて頂きます。
まず「事務費」から。

この予算は、名前の通り事務用品を購入して良いのですが、私の勤務したところでは、以前にお話しました「市」から頂く「消耗品費」だけでは足りませんでした。

なのでPTA会費からも、印刷用紙と印刷機のインクとマスターを買わせて頂きました。
(これは印刷する原稿を写し取る原紙のようなもので、これがスゴく値段が高いものなのです)

印刷関係のインクとマスターが高価なので、それを何度か購入すると事務費は使いきってしまいます。
(学校の商売道具のようなもので、これを途やすわけにはいきません)

次に「備品費」ですが、「市」の予算で、備品を買って頂けるので、急に必要になった備品や市では買ってもらえなかった物を購入します。

備品というのは、ボールペンや紙、インクのように使い切ってしまう物(消耗品)ではなく、ずっと使用する物であれば購入することができます。

例えば(私の経験で)災害時に役立つライト付きのラジオとか、会議用パイプ椅子、USBメモリー等、他にも消耗品でなければ色々購入することができました。

スポンサーリンク