学校事務業務 生徒の忘れ物は意外と多い?!

学校には様々な来校者の方がいらっしゃいます。
前回お話したように仕事でお見えになる方の他に、保護者の方、業者さん、学校に関係する教育機関の方等々。

生徒数が多ければ当然保護者も多く、業者さんも毎日いろいろな方がいらっしゃいます。

生徒の忘れ物も、毎日何人かいるので家の方が持って来た物を預かり、生徒が取りに来たら渡す、といった事が繰り返されています。
また、中学校ですと高校の先生がよくみえるのでそれだけでも結構な手間です。

今、お話したような方々はお茶を差し上げるような接待はありませんが、学校訪問でお仕事としてみえる方や、
評議員さんのように学校のために来て頂く方にはきちんと茶菓子もお出しして、お茶も何度か入れ替えたりと、そんな日は本来の事務業務は殆んどできません。

そんな本来の仕事ではないような事がまだたくさんありますが、それは「市費事務」の内容になったらまたお話します。
(一応、接待は市費事務の分担になっているので)

次回は「予算関係」に戻ります。(途絶えてしまいスイマセンでした;)

スポンサーリンク