学校事務職の勤務開始時間、朝の集会、日報について

朝は8:10が勤務開始時間です。
前回もお話しましたが、8:10から朝の集会がありますからその時間には職員室にいなければいけません。

8:10の開始のチャイムと同時に職員全員が起立し「おはようございます」と朝の挨拶から1日が始まります。


その日の行事や連絡事項などは毎日「日報」というA4サイズのプリントがあり、職員室の机上に配布されています。
その日報を毎日印刷して配布するのは教務の先生のうちの誰か1人が担当します。

教務とは学年に属さず、授業は教えるけれど、それ以外は職員室にいる先生です。

日報に載せるには、前日の16:00頃までに、必要事項を書いて提出し、それを元に担当の人が作りますが、前日忘れた人は、朝の集会の時に口頭で連絡したり、または日報に付け加えたいことがあるとその時に発言します。

連絡事項が終了すると教頭、校長先生の順で毎朝一言があって、全体の集会は終わり、続いて各学年毎にその場でまた連絡や、その日の予定を話すので、その時はあちこちからいろんな会話が聞こえてきます。

それが終わると先生は各教室に行き職員室は一気に静かになります。

私のような事務は、どの学校でも「教務」に属しますので、教務の集会が終わると事務室に戻ります。(その日に来客がある場合は連絡してくれます)

長々とお話しましたが、この朝の集会の時間は通常長くても10分位です。
次回、事務室に戻ってからのお話です。

↓血液サラサラ改善対策はこちら
http://www.ketsueki.info/

スポンサーリンク