学校事務職 市からの配分予算「チャレンジ事業」「進路」

今回も「市」から配分される予算のお話で、まだ何種類かの補助金(助成金)があるのですが、あと2つだけ書かせて頂きます。
(こちらは現金払いではなく、消耗品のように請求書を送ります)

1つは「チャレンジ事業」という、中学校1年生か2年生で行う職場体験のことで、生徒が自分でやってみたい職業を3日間、いろいろなお店や会社、施設等に行き体験させて頂きます。

この時に、必要な事務用品や紙類を購入します。

また体験後、生徒達が各職場にお礼を書いた作文を郵送する切手も市から頂けます。

事務用品等を購入した請求書は上部余白に「チャレンジ」と明記して市教委の担当者に送ると、後日業者さんに振込してくれます。

そしてもう1つは、中学校では3年生に「進路」の補助金が配分されます。
高校進学に必要な書類を作成する用紙やインク代、事務用品を購入。
こちらも高校に書類を送るために切手が頂けます。

購入した物の請求書は「進路」と明記して市教委へ送ります。

これら2つの補助金の執行は、担当の学年主任の先生がそれぞれ必要な物を注文しますが、伝票類は事務室で綴じて保管します。(同時に予算額の把握も必要です!)

スポンサーリンク