学校事務職 給食の時間が短くてゆっくり食べることがあまりできませんでした。

前回の「学校事務職員 給食の時間が意外と大変なんです。」の続きです。
人数分の配膳をして、食べられるのは早くても12:50位になってしまいます。

給食終了のチャイムは13:10です。
まともに時間がとれたとしても、たったの20分間です。

でもその20分も落ち着いて食べられることは少なく、その間にも電話はかかってくるし、来校者がある場合も多いのです。


退職時の勤務校は事務室は1階正面玄関の脇、職員室は2階だったので、1階を留守にしないためにも事務2人は事務室で食べていました。

職員室で食べる先生方は短時間の給食に慣れていて、飲み込むように食べる人が多く、いつも「体に悪いな」と思っていました。

それにひきかえ事務2人は食べるのがゆっくりな上に、電話や来校者の対応をしていると、とても20分では食べ終わりません。

でも時間内に食器を返却しなくてはならず、途中でやめたり食器を返却を翌日にして(本当はその日に返却しなくてはいけません)
13:10過ぎても食べていることがありました。

もちろん生徒も食事時間は同じなので、飲み込むように食べている子が多いのだろうと思います。

数年前から「食育」が叫ばれていますが、給食時間をもう少し長くとり、よく噛んで食べることも凄く大事ではないかと私は思います。

そういう最も身近なところから考えてもらいたいものですが、実際は1日の時間割の中で給食の時間を増やすことは難しい事も、現場にいた私だからこそわかります。(ゆとりが欲しい)

ちなみに私の勤務していた市では、小学校は自校給食で、中学校は給食センターで作ったものを配送車が各中学校へ運んでくれます。

自校給食・・・各学校に給食を作る施設があり、調理員さんと言われる方々が数名でその学校分を作ります。

次回、まだ給食関係でお話したいことがあります。
よければ、お付き合いくださいね。

スポンサーリンク