学校事務の仕事柄、銀行の方とも顔馴染みになれます

前回、「朝の掃除」では長々とお話してしまいましたが、今回はやっと机に向かえる時間で本来の事務仕事や電話・来校者の対応になります。

しかし、タイムスケジュールでは9:30~事務仕事になっていますが、この時間に机に向かえる時はあまりないと言ってもよいかと思います。

清掃やお花関連で時間が長引く事もあったり、また毎日か1日おきと言ってもいい程、銀行に行っていましたので、タイムスケジュールに「銀行」も入れた方が良かったかなと思っています。

銀行から戻ると10:00~10:30になってしまうので、もうお茶の時間になってしまいます。

話がそれてしまいますが大規模校では銀行に行く回数もとても多く、時には「今日中にお金を下げて欲しい」とか「なるべく早く振込をして欲しい」とか緊急を要することもあります。

そんな時は、「今度はもう少し余裕をもって言ってくださいね」と一応お願いはするのですが、やはりギリギリの仕事をしている先生は、事務室に持ち込む仕事もいつもギリギリで大変なこともありました。

通帳を20冊以上預り、その出し入れを全てしている訳ですから、銀行へ行く回数も多いのは当然ですがそれに費やす時間も相当なものでした。

それに行く時間だけではなく、行く前の準備で「入金伝票」や「払戻伝票」、「払込用紙」等の記入も全てしなければいけないので、大変な時間です。

しかし、毎日のように銀行に行っていると銀行の方とも顔馴染みになれ、自分の信用にもなるという利点もあるかもしれません。
今でもそちらの銀行さんへ行くと知り合いの感じでいろいろ話しやすいですし、何かと相談に乗ってくれます。

今回は「銀行」の話で終わってしまい、スミマセン。

次回は続きをお話ししますね。

スポンサーリンク