学校の卒業生とのランチトーク&事務仲間とのランチ

今回も口座引き落としのお話をさせて頂く予定でしたが堅い話が続いてもと思い、また先日久々に卒業生とランチをしてきましたのでオシャベリの様子などをお伝えしてみようと思います。

公務員の中でも生徒たちと直接触れ合えることのできる教員や学校事務は、他の公務員の方とはまたちょっと違った職種と言うか立場にあるのではないでしょうか。

教員は特に生徒たちに与える影響が強いものですが、中には私のような事務の人間に話しかけてくる生徒もいます。

淋しくて話し相手になってもらいたい子や、事務室に興味のある子、あるいは何度か会話してるうちにその子が、この事務の人は何となく自分と合いそう、と思うのでしょうか。

その生徒によって親しくなる理由は異なりますが、話がしたくて事務室に来る生徒にはちゃんと向き合って話を聞いてあげたり、時には冗談を言って大笑いしたりと…そんな日がよくありました。

生徒として在校中は、休み時間や放課後に話は出来ますが(そんなに長時間ではないですし)、ところが卒業して高校に行くようになると下校途中に事務室に寄ったりするので、

いくら卒業生とはいえたびたび事務室でオシャベリするのはマズイと思い、一度帰宅し家の人にも伝えてから勤務時間終了後に来てもらい、近くのファミレスで食事をしながら話すようになりました。

食べながらいつも2時間位オシャベリして満足そうに帰って行きます。
勤務時間に周囲を気遣いながら話すよりもその方がリラックスでき、いろんな話も出来るのでそんな形で続けていました。

でも実は、特定の卒業生とファミレスで食事というのもどんなものかと考えた事もあったのですが、他に良い方法も見つからず結局ずっとそうしてきました。

そんな卒業生との食事も一人は10年、もう一人は20年経つので学校を離れた今は何の迷いもなく会うことができます。

スポンサーリンク

父親となった卒業生はパパらしくなっていました。

今回はランチでその相手は事務室に清掃当番として来ているうちによくオシャベリするようになった成績優秀な男子でした。
その子も、今や一児の父となっています。

もう男性と言ったほうがいいですね。
彼をKくんと呼ぶ事にします。

卒業してから20年位経つ、というのがKくんなのですが、やはり子供が誕生して親になるとどんな人でも変わるものですね


シャイなKくんもすっかり父親の顔になっていました。

Kくんが結婚してからはKくんの奥さんと3人で何度か食事をしたこともあり奥さんとも顔見知りなので、当日は奥さんが子供を連れて来て私に会わせてくれました。

間もなく1歳のお誕生日を迎える赤ちゃんで人見知りもしない可愛い女の子でした。
ファミレスがKくんの自宅の近くだったので、親子3人で駐車場まで徒歩で来てくれて5分位会話をした後、奥さんは赤ちゃんと家に戻りました。

Kくんは誕生したばかりの赤ちゃんの写真をその日のうちに携帯に送ってくれたり、その後も○ヶ月経ちましたと時々写真を送ってくれるので私も自分の孫のように成長が楽しみでした。

私が早く会ってみたいと言っていたのでその日に初対面となったわけです。

その後、店内に入りランチトークに花が咲きました。

Kくんはお子さんが生まれて半年後に実家に戻り一人暮らしだった実母と同居を始め、今や立派な一家の主として仕事に励んでいるようでした。

優秀だったKくんは大学卒業後一流企業に勤務し今は役職にも就いているので立派なものだといつも感心させられます。

大学時代から結婚前の、その頃のKくんは会う度にどんな女の子が好みだとか、今回は別の女性とデートしてみたとかそんな話が多かったのですが、最近はトーク内容もすっかり変わり家庭内の話、特に今回はお子さんの話で盛り上がりました。

お子さんは女の子なので、お雛祭りをしたらまた写真を送ってくれる事になっているのでそれもまた楽しみにしています。

事務仲間とのランチはビックリするくらい長時間のトークでした。

Kくんとのランチをした半月後に今度は事務仲間4人でランチしましたが、いつもは長くても4時間位で終わるのに、今回なんだかいつの間にか6時間半というスゴイ長時間になってしまいました。

お店を替えてならまだわかる気がしますが、一軒のお店にそんなに長い時間ねばるなんて普通は考えられないですよね。

図々しくもそれが出来ちゃうのはお店が個室になっているからなんです。
外もあまり見えない部屋で、4人も女性が集まるとトークに花が咲き過ぎちゃうんですね。
ランチに行って外が暗くなるまでオシャベリしていたのは初めてでしたが、自分でチョッピリ呆れてしまいました。

いろんなグループがあって、今回は退職組と現役組が2人ずつの4人なので、トーク内容が幅広く話題が豊富ということも長くなった原因です。

この4人のうち市費の事務職員は私一人で、あとの3人は県費の事務職員なんです。

市費と県費の事務職員がこんなふうにずっと親しくしているというのは少ないと思いますが、私が、気の合う人は受け入れずっとお付き合いしていく方なのと、そしてその方たちが善い人だからというのもあります。

やはり同じ職種の人同士の会話は掘り下げたトークも出来たり、特に想い出話では感傷に浸ったりというのもあり、ついつい長くなるのでしょうね。

あとは、事務仲間だとあの先生はもう退職だとか、病気でお休み中だとか、現在○○中学校で教頭先生になっているとか、そんな情報交換もあったりします。

本当は、お店の方に迷惑をかけるほど長居したくないといつも思うのですが、迷惑どころか怒られそうなくらい居座ってしまい、お会計の時には「長居してスミマセン!!」と思わず謝っていました。

それにしても今回の6時間半は長過ぎました。
次回は時間を見ながらオシャベリします。

実は、また近々別のグループ3人でランチの予定が入っているんです。
こちらは県費の事務職員の人と元中学校の国語の先生です。

その後は日程はまだ未定ですが、お花見しながらまた水沢うどんを食べに行く予定があります。
こちらは私と同じ市費の事務職員の人なので一番気楽な親友です。

今、親しくさせて頂いてるのは学校時代の友人は一人で、あとは事務職員のお仕事をさせて頂いたからこそ親しくなった人ばかりなので、やはりその事にはとても感謝しています。

たくさんの友人に恵まれ、月一か月二、重なる時は月三の女子会トークもでき、
すっかり職を退いてから3年経った今、幸せを感じる日々です。
スポンサーリンク